マスネ(1842-1912)

 19世紀後半から20世紀初頭に、パリでオペラの成功を収めた作曲家である。全部で26曲のオペラを書き、中でも「マノン」「ウェルテル」「タイス」などは、一世紀に渡って途切れることなく上演され続けている。マスネのオペラを聞くと、メロディーが美しく、明快である。しかし、オペラの流れは、ワーグナー風の楽劇のスタイルをとり、ライトモチーフも使用されている。決して大衆に迎合するオペラではない。

マスネは11歳でパリ音楽院(コンセルヴァトワール)に入学して、ローマ大賞を得て、イタリアに留学した。オラトリオ劇「マグダラのマリア」で初成功を収めた。1878年にはパリ音楽院の教授になり、2年後にはアカデミーの会員の栄誉を得た。

「タイス」瞑想曲

 マスネは
「タイス」瞑想曲」♪♪で名高い。幕間で演奏されたロマンチックな深みをもった曲である。この夢見がちな濃厚な愛の感情は中間部の半音階的な部分で一層深められる。ルドンの「ヴィオレト・エーマン」も夢想の女性を描いている。

ヴィオレット・エーマン      ルドン



                        み使いにして月の女神よ

                        日は 君を照らし
                        み使いの姿を あらはさん
                        清き光 溢れんとして
                        清楚なる衣装 天衣に似たり

                        夜 星々が煌めくとき
                        互いに求め 熱く抱擁す
                        深き歓び 満ちたりしとき
                        月明かり 顔(カンバセ)を映し
                        月の女神に 似たらんや

                        み使いにして 月の女神よ
                        神秘にして 永遠の人よ
                        我が命 我がすべてなり

歌劇「シンデレラ」(Cendrillon)

 1899年にパリで上演されて大成功を得たオペラである。あらすじは童話の「シンデレラ」とほぼ同じである。背景は現代的な理想国である。全部で4幕からなる。各幕の一部を抜粋してお送りします。

第一幕
「何て可愛い娘(子)」「機織り女」♪♪


第二幕
「王様の入場」「高貴な令嬢」「フィアンセ」「マンドリンの踊り」「フィレンツェの娘の踊り」♪♪

                                                                              踊り子             ドガ

                                      


第三幕
「ああ、虚しい幻想」♪♪

第四幕
「王女様の行進」♪♪


オーケストラ組曲

 マスネのオペラにある管弦楽を10組にまとめたものである。そのなかでも最も美しいのが第4組曲「絵のような景色」の第3楽章「時を告げる鐘」♪♪である。朝の時を告げる鐘が幸福を祝福するように鳴っている。清らかで美しい曲である。「幸ある朝」は藤島武二の渡欧作である。欧州の透明な朝日に輝いている婦人像で、教会の時の鐘が聞こえて来そうである。婦人の姿はそのまま至福を讃えている。

                                          幸ある朝       藤島武二

                                             

                              幸ある朝

                          道のりは 安からずして
                          二人のみ 頼りなり
                          今は二人して 休らへば
                          天の導きを 讃美せん

                          朝日は 望みを与へ
                          鐘の音は 常に祝福す
                          朝の光は 優しく照らし
                          幸ある朝を 約束す

                          伴に眠り
                          伴に目覚む
                          伴に抱擁し
                          伴に祈らん



Top page