ストラヴィンスキー(1882−1971)

ストラヴィンスキーは、ペテルブルクの近郊に生まれ、リムスキー・コルサコフの激励と指導で、19才の時から作曲家を志した。師のリムスキー・コルサコフのロマン主義やドビュッシーの印象主義を融合した作品などを作曲していたが、ロシアバレエ団の主催者ディアギレフに認められ、このバレエ団のためにロシアのメルヘンに基ずく第一作として「火の鳥」を作曲した。この曲はロマン主義の傑作であると同時に、20世紀のフォービズム(原始主義)の特徴を早くも現している。

第二作の「ペトローシュカ」と第三作「春の祭典」になると、フォービズムは一層推進され、バレエ「春の祭典」が初演されたパリでは、大変な反響と騒動を呼び起こすことになる。その余勢を駆り、オペラ「うぐいす」を完成した。その後、新古典主義と言われる簡潔な構成と全音階的な表現を重視するスタイルに変わっていく。しかし、あの三大バレーのような反響は得ることは出来なかった。

組曲「火の鳥」

ストラヴィンスキーは、演奏会用に1919年に計6曲からなる組曲「火の鳥」を編曲している。このバレエ曲の題材は、ロシアに古くから伝わるメルヘンから採られた。魔王カッチョイに囚われた13人の乙女を、若い王子が火の鳥の助けを得て解き放ち、彼女たちの中でも最も美しい王女と結ばれるというロマンチックな物語である。

第一曲 序奏 魔法の国の不可思議な雰囲気が浮かび上がってくる。

第二曲 火の鳥のヴァリエーション

第三曲 王女たちのロンド 魔法により囚われている乙女たちの踊りである。極めてロマンチックな楽章である。

第一曲から第三曲♪♪までお送りします。

火の鳥



第四曲 カッチェイ王の魔の踊り
♪♪


フォービズムを感じさせる原始的な激しい踊り

第五曲 こもり歌

アラビア風のロマンチックな楽曲である。このこもり歌によりカッチェイとその手下どもは眠りについてしまう。最終的にはカッチェイは死んでしまう。



第六曲 終曲

王子は火の鳥の力を得て囚われた乙女たちを解放する。そして、乙女たちの中の最も美しいプリンセスと結ばれる。高らかなファンファーレとなり、素晴らしい大団円となり感動的な終わりを告げる。
第五曲から第六曲♪♪をお送りします。

白雪姫



バレエ「春の祭典」

ストラヴィンスキーは突然の幻影に襲われた。それは異教の祭りの光景で、春の神への犠牲に定められた若い娘が、死ぬまで踊りつづけるというものであった。ストラヴィンスキーは深い意味を感じ、ロシアバレエ団の主催者ディアギレフに告げたところ、彼もこのアイデアに夢中になった。こうして春の祭典が生まれたのである。この作品こそ20世紀初頭のフォービズムを代表する音楽である。ストラヴィンスキーはパリでジャン・コクトーやピカソなど多くの文化人、芸術家と出会っている。アフリカ主義は現在でもポップスなどでも影響を持っている二十世紀の潮流の一つである。

この曲は大きく第一部大地礼賛と第二部いけにえに分かれている。

第一部 大地礼賛♪♪

多くのタイトルの曲からなるが、アラビア風の「序奏」から、「春のきざし-おとめたちの踊り」から原始的なリズム則って、異教的な音楽が展開していく。最後の「大地の踊り」で最高潮を迎える。

アビニオンの娘たち              ピカソ




「アイビニオンの娘たち」は20世紀の初頭のピカソの傑作である。ピカソは、はっきりとフォービズムを打ち出している。右上方の人物の顔はアフリカ部族彫刻を表しており、アフリカの原始主義に影響を受けている。これは取りも直さず、ストラヴィンスキーのフォービズムと一致している。

第二部 いけにえ♪♪

朧気な「序奏」の後「おとめたちの神秘なつどい」で抒情的なメロディーが流れてくる。その中の一人のおとめが生け贄になるのである。再び「いけにえの讃美」で激しい原始的な音楽になる。そして最後の「いけにえの踊り」で最高潮を迎える。









Top page